コラム

タイトル背景

新型コロナウイルス予防と口腔ケアについて

新型コロナウイルス関連情報 クリーニングメンテナンス予防新型コロナウイルス

2020.07.05

口腔ケア

この度、一般社団法人 日本歯科医学会連合 新型コロナウイルス感染症対策チームより「新型コロナウイルス感染予防には口腔ケアが重要」という見解が示されました。

<口腔ケアを行うメリット>

■ウイルスの感染を助ける口腔内細菌を減らします

ウイルスの感染というのは、主に鼻と口と目から起こります。ただし、ウイルスが入ってきたからと言ってすぐに感染するわけではありません。感染が起こるかどうかは、ウイルスが体内の粘膜細胞の中に入り込むかどうかによって決まります。
実は、お口の細菌がウイルスを粘膜細胞の中に入り込むのを助けるタンパク分解酵素を出すことがわかっています。特に、歯周病菌が強力なタンパク分解酵素を持っていることがわかっており、歯周病菌のコントロールがウイルス感染症予防にも重要だと言われています。

■口腔ケアが腸内細菌のバランスを整え、免疫力を向上させます

ウイルス感染を防ぐためには、体の免疫力を低下させないことが大事です。腸内細菌のバランスを整えることで免疫力が高まることは知られていますが、お口の細菌が食道→胃→腸へと移動し、腸内細菌を乱して体の免疫力を下げてしまう可能性があるといわれています。そのため、お口を不潔にしている方や、歯周病にかかっている方は、食事のたびにお口の細菌が腸内へ運ばれ、免疫力を下げてしまう恐れがあります。口腔ケアをしっかりと行っておけば、腸内細菌のバランスがより良くなり、免疫力向上が期待できます。

■口腔ケアでウイルス性肺炎の重篤化を防ぐことができます

高齢になるにつれ、食べ物や唾液が誤って気道に入ってしまう「誤嚥」が起こりがちになります。この時、お口の中が不潔な状態だと、細菌が気管や肺に至り、「誤嚥性肺炎」を起こしやすくなります。
誤嚥性肺炎を起こしている状態のところに新型コロナウイルスによる肺炎が起こると、肺炎が重篤化する恐れがあります。口腔ケアをしっかりと行い、細菌による誤嚥性肺炎を起こさないようにしておくことで、新型コロナウイルスによる肺炎の重症化を防ぐことができます。

新型コロナウイルス感染予防対策としては、手洗い・うがいに加えて毎日の丁寧な歯磨き、歯科医院で定期的な専門的なクリーニングが大切です。
お家で過ごされる時間も長くなった今、ご自身の感染予防対策の一環として時間をかけて丁寧なお口のケアを実践していただければと思います。

当院では皆様のライフスタイルに合わせた継続できる口腔ケア方法を共に考え、ご提供しております。

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F