コラム

タイトル背景

歯が折れた、抜けた時は口腔外科へ

未分類 口腔外科

2020.07.21

皆さんこんにちは。

サークル歯科クリニック日暮里です。

 

外傷によって折れたり、抜けたりした歯は、「そのまま放置するのは危険」です。

 

傷口から細菌感染が起こり、さまざまなトラブルを引き起こすリスクがあるからです。

 

何より歯の状態によっては、「元の位置に戻せる」こともありますので、早急に口腔外科を受診しましょう。

 

抜けた歯を元に戻す処置

むし歯や歯周病ではなく、外傷などによって抜けた歯は、そのまま元に戻せることがあります。

 

専門的にはこれを「歯の再植」といいます。

 

天然歯はかけがえのないものなので、残せるのなら残したいものですよね。

 

そうした歯の再植は「口腔外科の得意な処置」のひとつといえます。

 

抜けた歯の保管方法

アクシデントで抜けた歯は、「乾燥させずに保管」することが大切です。

 

また、床や地面に歯が落ちたからといって、洗剤などでゴシゴシ洗うのはいけません。

 

歯根の表面には、「生きた細胞からなる歯根膜」が付着しており、これが再植の成功のカギを握るからです。

 

そのため、抜けた歯の汚れは、水道水で軽くゆすぐ程度にとどめましょう。

 

保管する液体は、「専用の保存液か牛乳」がベストです。

 

これらが手に入らない場合は、お口の中に含んでおいても良いです。

 

1分でも早く受診する

歯が抜けた時は、「1分1秒でも早く口腔外科を受診」することをおすすめします。

 

時間が経過すればするほど、歯根膜の細胞がどんどん死んでいってしまうからです。

 

歯の状態も悪くなります。

 

ですから、例え予約をとっていなかったとしても、お電話いただければ「可能な限り迅速に対応」させていただきます。

 

もちろん、抜けた歯の状態によっては、再植処置そのものが行えないこともありますのでご注意ください。

 

まとめ

このように、外傷によって折れたり、抜けたりした歯は、外科処置が得意な口腔外科に任せるのが一番です。

 

当院であれば、口腔外科専門の歯科医師が診療を担当いたしますので、しっかりとした診査診断のもと、適切な処置を施すことができます。

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F