コラム

タイトル背景

口腔外科は親知らずの治療の専門家?

未分類 口腔外科

2020.08.04

皆さんこんにちは。

サークル歯科クリニック日暮里です。

 

親知らずの治療は、基本的に歯科口腔外科に任せた方が良いといえます。

 

なぜなら、親知らずは「その他と異なる点」が多々あるからです。

 

そこで今回は、「親知らずの治療を口腔外科医に任せた方が良い理由」をわかりやすく解説します。

 

抜歯が適応されるケースが多い

親知らずの治療といえば、まず「抜歯」が思い浮かびますよね。

 

それ以外の治療法は思い浮かばない、という方の方が多いかもしれませんね。

 

実際は、親知らずが悪さを始めると、多くのケースで抜歯が適応されます。

 

これは、親知らずが「手前の歯を圧迫したり」、「歯並びやかみ合わせを大きく乱したり」することがあるからです。

 

親知らずの抜歯に伴うリスク

親知らずは、歯列の一番奥に生えてきますよね。

 

例えば下の親知らずのすぐ下には、「下顎管(かがくかん)」という大切な神経と血管が入っている管が存在しています。

 

上の親知らずには、すぐ上に「上顎洞(じょうがくどう)」という大きな空洞が隣接しているのです。

 

抜歯をする際に、これらの組織や構造を損傷してしまうと、治療後に「さまざまな後遺症や新たな病気」を引き起こしてしまいます。

 

そこで頼りになるのが解剖的な知識も豊富な口腔外科医なのです。

 

口腔外科医なら安全に処置できる

口腔外科医は、歯ぐきをメスで切開したり、顎の骨を削ったりする手技に習熟しています。

 

傷口を糸で縫合するのも手慣れたものです。

 

それは「口腔周囲の解剖をしっかり理解している」ことに加え、外科処置が日常的な業務のひとつでもあるからです。

 

そういったことも踏まえて、親知らずの治療は口腔外科に任せた方が賢明といえます。

 

まとめ

このように、口腔外科は外科処置に特化した診療科でもあるので、親知らずの抜歯もお手の物といえます。

 

横向きに生えた親知らずなど、難易度の高い抜歯症例でも、当院の口腔外科担当医がしっかり対応しますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

必ず抜歯が適応されるとは限りませんので、まずは精密に検査する必要があります。

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F