コラム

タイトル背景

歯を失ったら、入れ歯?ブリッジ?インプラント?

未分類 インプラントブリッジ入れ歯

2021.09.27

皆さんこんにちは。
サークル歯科クリニック日暮里です。

 

何らかの原因で歯を失った場合には、義歯で補います。
義歯にはいろいろな種類があり、どれが適切かはその方によって変わってきます。

 

歯を失ったまま放置するとどうなる?

歯を失って、義歯で補わないまま放置することは、噛む力が弱くなり、見た目が悪くなるだけではありません。

 

抜けた部分の両隣の歯がそのスペース埋めようと少しずつ移動するため、歯並びが乱れてかみ合わせがおかしくなってしまいます。

 

また、歯を支える「歯槽骨」は、外部からの刺激を受けない状態が続くと痩せてしまうため、歯がないと上下の歯がかみ合う刺激などが伝わらずに歯槽骨が痩せ、顔の輪郭が変化して見た目も老けてしまいます。

 

義歯の種類とメリット

使う義歯には、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つの選択肢あります。

 

入れ歯は一本の歯の欠損から全ての歯を失った場合にも対応できます。
入れ歯治療は保険診療と自由診療のどちらも選択可能で、保険診療の入れ歯であれば治療費が安く済みます。
また、入れ歯を作る際には外科処置は不要なため、身体の状態に関わらずどなたでも治療できます。

 

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台とし、3本以上の繋がった人工歯を固定する方法です。
固定式のため外れにくく、噛む力も入れ歯に比べて強くなります。
入れ歯同様、ブリッジも保険診療と自由診療のどちらも選択可能で、外科処置も不要です。

 

インプラントは、外科手術で顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工歯を装着する治療法です。
顎に直接埋め込むため、天然歯に近い噛み心地で、固いものでもしっかりと噛むことができます。
また、見た目も自然で、機能面と審美面を兼ね備えた治療法です。

 

それぞれのデメリット

入れ歯のデメリットは、噛む力が天然歯に比べて大幅に低くなってしまうことです。
また、顎の骨が吸収するため入れ歯が合わなくなり、歯と粘膜の隙間に食べ物が挟まって痛んだり、温度や味が伝わりづらくなったりと、お食事の面で不自由を感じやすくなります。
総入れ歯の場合は、外れやすい、ズレやすいこともデメリットです。

ブリッジは両隣の健康な歯を土台にするために、健康な歯をたくさん削らなくてはならず、削ってしまうことで歯の寿命が短くなる恐れがあります。
また、ブリッジは清掃が難しく汚れが残りやすいため、口臭の原因にもつながりやすくなります。

インプラントのデメリットは、保険診療が適用されないため、治療費が高額になってしまいます。
また、外科手術が必要なため、シニアの方や持病がある方などはインプラント治療ができないこともあります。

 

患者さんに合った義歯をご提案します

このように、患者さんによって、相性の良い義歯は異なってきます。
当院では、診察に来ていただいた日に、どの義歯にするか即決していただくことはありません。
まずは各治療の小冊子をお渡しして、メリット・デメリットについて誠実にご説明します。
そのあとご自宅にお戻りになって、ご家族と相談されたり、ご自身でよく調べられてから、じっくりお選びいただくようにしています。

 

当院は院内に技工所がありますので、どの義歯も精度の高いものをご提供いたしますので、いつでもご相談ください。

 

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F