ブリッジ治療

タイトル背景

ブリッジ治療は、天然の歯を失ってしまった時に行う治療法のひとつです。

ブリッジとは

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両隣を削って、欠損した歯と両隣の歯が連結したかぶせ物をセメントでつける治療です。

ブリッジ治療は、インプラントのような手術が必要なく、治療期間も短いため、身体への負担をかけられない方にも比較的選びやすい治療法です。それでいて天然歯の60%ほどは噛めるという点で優れた治療です。

当院のブリッジ治療

ブリッジ治療は、歯の耐久性という面では課題が残る治療法です。両隣の歯を削って負担をかけるため、両隣の歯が将来的に歯根破折の可能性が高まります。また、ブリッジそのものが折れてしまう可能性もあります。

当院では長期的に安定するジルコニアブリッジなどの選択肢をもうけて、長持ちする治療を求める方に提供しています。

保険適用のブリッジ治療

インプラント

保険適用のため安価です。経年劣化により折れることがあります。

耐久性
歯を削る量

(多い)

審美性

メタルボンドのブリッジ治療

インプラント

内側は金属、外はセラミックです。
金属の補強があるので、本数が増えても適合が良好です。着色、変色しにくく、審美的です。

耐久性
歯を削る量

(多い)

審美性

ジルコニアのブリッジ治療

インプラント

ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれ、とても硬くて丈夫なため、長持ちに優れた材質です。
メタルボンドに比べ歯を削る量を少なくできます。本数が3〜4本までが目安です。

治療にはセレックシステムを用いるため、高精度な口腔内3Dスキャナーでお口をスキャンして、コンピューターでブリッジを設計するため、従来の型取りが不要です。院内の技工室で条件が合えば午前中にお口をスキャンして、午後には治療が完了します。

耐久性
歯を削る量
審美性

接着性のジルコニアブリッジ治療

接着性のジルコニアブリッジ治療

隣の歯の裏側のみ削って接着します。
各条件を満たしたケースのみ適応。
削除量を少なくでき、見た目も審美的です。

耐久性
歯を削る量

(少ない)

審美性

ブリッジ治療のメリット・デメリット

天然歯の60%ほど噛める

ブリッジ治療

インプラントのように天然歯と同様に・・とはいきませんが、60%の力でなら噛めます。入れ歯の場合は10%まで減ってしまうことをふまえると、比較的噛めると言えるでしょう。

手術が不要で治療期間も短い

インプラント治療と違って外科手術が不要で治療期間も短いため、身体への負担をかけられない方にも比較的選びやすい治療法です。

取り外し不可

ブリッジは歯に固定するため、入れ歯のように勝手に外れることもありません。ただし、歯肉とブリッジのすき間は汚れが残りやすくなるため、口臭の原因につながりやすくなります。

両隣の歯のリスク

歯を失った両隣の歯も削り、ブリッジの噛み合わせ負担がかかります。そのため将来的に歯根破折の可能性が高まります。知覚過敏を感じる場合もあります。

ブリッジ自体の耐久性

ブリッジは経年劣化により、破損する可能性があります。ブリッジの耐久性は、ブリッジの材質や構造、支える歯の状態により異なります。

ブリッジ治療

ブリッジ治療でお悩みの方へ

ブリッジ治療は、お手頃な治療で天然歯の60%ほど咬めるまで回復できます。しかし、両隣の歯のリスクや耐久性に課題が残る治療法でもあります。また、他にも治療法があるとなると、治療にあたって、簡単に決められる決断ではないかと思います。

また、実際に当院で治療を受けている方でお悩みの方は、歯科医師にご相談ください。わかりづらいことはご質問ください。

当然ですが、当院では無理にブリッジ診療や自費診療を勧めることは一切ありませんし、他に相談したい方がいたら是非相談してから決めてください。ご安心ください。

患者さんお一人おひとりが大切にする価値観によりそい、お一人おひとりにとってよりよい治療を行います。

私たちが治療します
私たちが治療します

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F