入れ歯治療

タイトル背景

入れ歯治療は、天然の歯を1本失った方にも複数本失った方にも対応できる治療法です。

当院の入れ歯治療

いつまでもしっかり噛めるお口に

入れ歯治療

人生100年時代、シニアによる入れ歯の需要は高まっています。入れ歯は1本の欠損から全ての歯の欠損まで対応しており、外科手術が不要なことから、身体の状態に関わらず、どなたでも治療できます。

合わない入れ歯を無理して使い続けていると、食事がしづらくて柔らかいものばかり食べたり、食事の量が減ったりしてしまい、身体に良くありません。また、話しづらくなると、人と合うのが億劫になり、家にこもりがちになってしまう方も。

いつまでも楽しく元気に過ごせるよう、「外れづらく、よく噛める」高機能義歯にも対応しています。お一人おひとりによりよい入れ歯治療を提供します。

オーダーメイド義歯

オーダーメイド義歯

義歯専門の歯科技工士が、時間と材料を十分にかけ、外れづらくよく噛める、ぴったりと合う入れ歯を作ります。(保険適用外)

安定感(外れづらさ)
発音・違和感
破折
熱伝導
治療期間 数か月(状態により変動)

義歯がご自身のモノになるまで

入れ歯は、正式には「義歯」と呼ばれます。ご自身の身体のようにしっかり機能する「義手」や「義足」と同じように、外れにくく、よく咬めるという機能を持たせた高水準な「義歯」を製作いたします。よく咬める義歯にするには、義手や義足と同様、リハビリをしっかり行いながら、少しずつ咬み合わせの調整を行っていく手間と期間が必要であると考えられます。

リハビリ用の入れ歯を作り、納得いくまで調整してから、最終的な型取りをして、入れ歯が完成します。リハビリ用入れ歯では、治療ごとに様々な調整を行います。

  • 入れ歯のフィット感
  • 咬み合わせ調整
  • 痛くないようにする
  • 外れづらくする
  • 顔貌改善
  • 発音改善

日々の生活の中での不満を一つひとつ改善しながら、患者さん・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がチームとなって共有したゴールにむかう治療法です。

この治療法では、義歯専門の歯科技工士の木田が治療ごとに当院に足を運び、直接患者さんから要望をうかがい、コミュニケーションをとりながら義歯を製作します。手間と材料を惜しまずに最高の入れ歯を目指します。

※デメリットとして、リハビリ治療中に義歯をはめることによる痛みをともなう場合があります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯が目立つのは、入れ歯を固定するための金属のバネがどうしても目立ってしまうからです。そうであれば、そのバネを目立ちにくくすれば気にならなくなります。そのようなコンセプトで製作されたのが、「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれるものです。(保険適用外)

従来のように、入れ歯を固定する装置はあるのですが、それを金属ではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用することで目立ちにくくしています。適合精度が高く、比較的外れづらいです。

ノンクラスプデンチャーはさまざまなメーカーがあります。それぞれ特徴があり、当院では患者さまのご要望(修理しやすい、耐久性があるなど)に合わせたメーカーをご提案しております。
※デメリットとして、強い力が加わった場合に破折してしまうことがあります。

安定感(外れづらさ)
発音・違和感
破折
熱伝導
治療期間 1~2か月程度

保険適用の義歯

インプラント

取り外しタイプの人工歯で、隣の歯にフックでかけて固定します。
保険適用のため安価です。

安定感(外れづらさ)
発音・違和感
破折
熱伝導
治療期間 1か月程度

入れ歯治療のメリット・デメリット

治療期間が短い

保険適用の義歯であれば、型取りをして入れ歯を作成しますので、治療期間が短いです。オーダーメイド義歯の場合は、型取りをしてリハビリ用入れ歯を作成し、度重なる調整を繰り返して、納得いく状態にたどり着いてから最終的な型取りをして作成します。長い場合は、数か月かかりますが、それでもインプラントと比べると治療期間は短いです。

取り外せて清掃しやすい

入れ歯はご自身で取り外せるため、清掃しやすいのが特徴です。ブリッジのように汚れのたまりやすさや口臭で悩む可能性も低いです。
ただし、保険適用の義歯は外れやすい、異物感がある、取り外す必要がある等のデメリットもあります。

噛む力が弱い

保険適用の入れ歯は、天然歯の約10%ほどの力でしか噛めません。
オーダーメイド義歯は、保険適用の入れ歯と比べると噛めるようになります。
どれだけ噛めるようになるかは個人差がありますが、中には総入れ歯でアワビや分厚いステーキを食べられるようになった方もいます。

噛む力が弱い

入れ歯が合わなくなる

歯を失なうと長時間かけて顎の骨が吸収されるため、入れ歯が合わなくなっていきます。歯と粘膜の隙間に食べ物が挟まって痛んだり、温度や味が伝わりづらくなったりと、お食事の面で不自由を感じやすくなります。
この問題を解消するには、まずはぴったりと合った入れ歯を作り、定期的にメンテナンスしてお口に合わせて調整していくことです。

入れ歯の耐久性

入れ歯は破折する可能性があります。保険適用の入れ歯やノンクラスプデンチャーの入れ歯は破折のリスクが比較的高いです。
当院には院内技工室があり、状況によっては即日の修理が可能です。入れ歯が壊れてしまった際は、ご相談ください。

入れ歯治療でお悩みの方へ

入れ歯治療は、保険診療と自費診療の違いがあまりに大きく、また、他にも治療法があるとなると、治療にあたって、簡単に決められる決断ではないかと思います。

実際に当院で治療を受けている方でお悩みの方は、歯科医師にご相談ください。わかりづらいことはご質問ください。

当然ですが、当院では無理に自費診療を勧めることは一切ありませんし、他に相談したい方がいたら是非相談してから決めてください。ご安心ください。

患者さんお一人おひとりが大切にする価値観によりそい、お一人おひとりにとってよりよい治療を行います。

歯を守る専門家チームで患者さんの健康を守ります。

サークル歯科クリニック日暮里 内観 営業時間

★ 9:00〜15:00

休診日:日、祝日

※受付時間は、診療終了時間の30分前までとなっております。

急患随時受け付け

今すぐに診てほしい方へ

柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございます。
ご来院いただく前に一度お電話にてお問い合わせください。

03-3806-6480

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-18-2 増尾ビル3F